天職を見つけるには

転職に対する不安を拭う

自分にとっていい仕事=天職を見つけるには、探すときにもポジティブな気持ちでいなければなりません。就職活動は企業とのお見合いですから、自分のいいところを存分にアピールしなければ上手な転職はできません。「自分なんて・・・」とか「これくらいでいいや」といったマイナス思考や投げやりな思考はやめましょう。とはいえ転職活動というのは大変なエネルギーがいるものですし、とんとん拍子で次の会社が決まる人というのはごく僅か。長い間内定が決まらず、不採用の通知ばかりを眺めていると気分も落ち込んでしまいます。また応募しても不採用かもしれないという恐怖や、どんなに頑張っても結果が出ないのではないかという諦めの気持ち、仮に内定をもらえても次の職場でうまくやっていけるか分からないという不安など、ネガティブになる要素は転職活動には付き物です。ですが、それらの暗い気持ちをなるべく明るくし、転職活動を前向きにとらえることで気持ちが上向き、いい企業と出会うチャンスもめぐってきます。具体的にどのようにすれば、転職活動をポジティブな気持ちで行うことができるのでしょうか。以下にその方法を紹介します。

内定≠終着点

転職活動の最終的な目標を、内定を得ることだと勘違いしている人が多い気がします。確かに内定を得ることは大事なことですが、それはプロセスの一つにしか過ぎません。転職活動の本来の目的は、天職を見つけることです。内定を得ることを目標と考えていると、不採用通知が来るたびに落ち込んでしまいますし、落とされることに恐怖を感じやすくなります。ですが、天職を見つけることを目的と考えていれば、落ちた企業は自分に合わない企業なのだととらえることができ、自分に合わないのに無理に採用されるより、むしろ落とされた方がいいと割り切ることができます。そうすると、必要以上に落とされることに対して恐怖心を感じなくなりますよね。

転職活動は成長のチャンス

どんなに頑張ってもダメなのではという諦めの気持ちは、中々いい結果がでないことに対するストレスからくる気持ちです。転職活動は成績が出るわけでもなく、誰に褒められることもないのでそのように思いがちです。ですが、面接を一つ受けるごと、履歴書を一つ出すごとにあなたは確実に一歩前進し、成長しているはずです。どんな小さなことでもいいので、自分が成長したなと思うことがあったら、それをノートなどに書き留めておきましょう。「面接で緊張しなくなった」とか「入退室時の挨拶がうまくなった」とか「字がきれいになった」とかなんでもいいのです。転職活動を通して成長した記録が目に見えてわかるようになるので、面接を受けること自体にも意義を見つけられるようになります。

面接官ではなく助言者

面接官に対して恐怖心を抱いている人も多いのではないでしょうか。「質問にうまく答えなければ」「自分をアピールしなければ」という焦りで、前日には眠れないほど緊張してしまうという人もいるようです。そういう場合は面接官を面接官と思わず、あなたにとっていい職場を見つけてくれる助言者だと思いましょう。面接官はあなたがその企業に合っているかどうかを判断してくれる人なのです。ですから、心を開いて落ち着いて接するようにしましょう。無理して背伸びをしてもあなたには何の得にもなりません。いつもの自分を観てもらうことが、天職を見つける一歩になります。自然体でリラックスしていいんだと思えば緊張も少しほぐれますよね。また、面接官はその企業で接する最初の上司です。その人の話し方や仕草から企業全体の雰囲気や社風が分かります。もちろん、その人がひとりで会社を作っているわけではありませんから、企業の全員が担当の面接官と同じとは言えませんが、なんとなくその企業を感じることができると思います。面接は自分とその企業が合っているかどうかを見極める最大のチャンスです。あなたは面接される側ですが、自分もその企業を面接しているつもりでいろいろ観察してみるといいでしょう。

つまらない仕事を天職にする

どんな仕事もいい面と悪い面があります。長く働いているとモチベーションを保つのが大変だったり、仕事の嫌なところばかり見えてしまってやる気が出なくなったりしますよね。転職を考える理由はやはりそこの部分が大きいようで、多くの人がもっとやりがいのある仕事がしたいと転職活動を始めます。ですが、先ほども言ったとおりどんな仕事にも辛い面はあるのです。ですから、もっと楽しい仕事がしたいと願って転職したはずなのに、この仕事もここが嫌だあそこが嫌だと嫌な面ばかり見えてしまい、結局また転職するはめになることもあります。そういう転職癖のある人は、まずは仕事に対する考え方を変えてみましょう。どんな仕事も自分次第で天職に出来る可能性があるのです。

仕事は材料に過ぎない

仕事には大抵ノルマがあったりスキルが必要だったり大きなプレッシャーがかかったりとストレスがたまることが多く、純粋に楽しい仕事というのはほとんどないと思います。ですがそれらのプレッシャーを楽しむことができれば、どんな仕事でも天職に変えられるのです。仕事はスポンジケーキと同じです。スポンジケーキはそれだけで食べるといまいち美味しくないですが、クリームを載せたりいちごを載せたりするとショートケーキというみんなが大好きな食べ物へと変身します。このように仕事も、あなたの調理次第で楽しめるはずなのです。「この仕事は楽しいか」ではなく、「この仕事をどう楽しむか」を考えることが大切なのです。その楽しみ方は人それぞれですし、仕事によっても大きく変わってくると思います。一番いいのは同じ仕事をしている先輩に聞いてみることです。どんなふうに仕事を楽しんでいるのかを聞くと、その仕事に対する価値観や仕事の捉え方も変わってきます。スポンジケーキの美味しい食べ方がショートケーキだけでなく、チョコレートケーキやティラミスなどいろいろあるように、仕事の調理方法もいろいろあるのです。自分の視野を広げることで、天職と感じられる仕事も増えると思います。どうしてもスポンジケーキを好きになれないという場合は素材をクッキーに変える=転職することを考えましょう。

自分の天職を決めつけない

あなたにとっての天職が1つだとは限りません。好きな食べ物が1つしかないという人がいないように、自分にあった仕事、楽しめる仕事が1つしかないという人もいないはずです。もしかしたら、あなたが考えもしなかった職業がすごく向いているかもしれませんし、やってみたら意外と楽しかったということも結構あることです。また、結婚や出産、事故や病気など、人生の中で何か大きな出来事があると人の価値観は変わります。あなたが天職と信じていたものになんの魅力も感じなくなったり、逆に全く視界に入っていなかった仕事にあこがれを抱くこともあるでしょう。このようにあなたにとっての天職は1つではなく、たくさんの可能性が転がっているのです。ですから、仕事を選ぶ際には特定の企業・仕事にこだわるのではなく、ある程度視野を広げてみることで天職を見つけるチャンスが増えると思います。

自分の軸を作ろう

視野を広げることが大切といいましたが、広げすぎてあれもこれもとなるとどんな仕事に就けばいいのか分からなくなってしまいます。ですから、自分の軸を一本つくり、そこからはぶれないようにしましょう。自分の軸とは、本当にやりたいことはなにか、人生の目的は何かということです。目的はなんでもいいのです。「家を持ちたい」とか「海外で活躍したい」とか「人を笑顔にする仕事がしたい」とか「沢山遊びたい」という目的でも結構です。目的が決まれば、それを達成するためには何をすればいいのか、どんな仕事なら達成できるかというのが自ずとわかってくると思います。目的を決め、それにあった仕事を見つけることが、天職に出会う近道になります。

サイトタイトル