主人公のモデル・海老原嗣生

海老原嗣夫(えびはらつぐお)は、漫画「エンゼルバンク―ドラゴン桜外伝―」のカリスマ転職代理人・海老沢康生のモデルとなった人物です。コンサルタント、編集者として活躍している人物であり、株式会社ニッチモ代表取締役、株式会社リクルートエージェントのソーシャルエグゼクティブ、株式会社リクルートワークス研究所の特別編集委員の肩書きを持っています。

来歴

1964年生まれ。麻布高等学校を経て、上智大学経済学部を卒業します。卒業後は株式会社リコーに入社し、その後リクルートエイブリックに転職して入社します。新規事業や人事制度設計に携わるほか、系列のリクルートワークス研究所で「Works」(隔月刊)の編集長にも就任しました。2008年にHRコンサルティング会社、ニッチモを立ちあげ、代表取締役に就任すると同時に、リクルートエージェントの第一号フェロー社員となり、人事経営雑誌「HRmics」(季刊誌)の編集長となりました。「雇用のカリスマ」と呼ばれており、雇用関連の書籍も多く出版しています。

著書

  • 2009年「雇用の常識『本当に見えるウソ』」プレジデント社(後にちくま文庫)
  • 2009年「学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識」朝日新聞出版
  • 2010年「面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと―会場に行く電車の中でも『挽回』できる!」プレジデント社
  • 2010年「課長になったらクビにはならない 日本型雇用におけるキャリア成功の秘訣」朝日新聞出版
  • 2011年「2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本―受ける順序をかえるだけで内定率アップ」プレジデント社
  • 2011年「仕事をしたつもり」星海社新書
  • 2011年「日本人はどのように仕事をしてきたか」中公新書ラクレ
  • 2011年「もっと本気でグローバル経営―海外進出の正しいステップ」東洋経済新報社
  • 2011年「偏差値・知名度ではわからない就職に強い大学・学部」朝日新書
  • 2012年「女子のキャリア」ちくまプリマー新書
  • 2013年「日本で働くのは本当に損なのか 日本型キャリアVS欧米型キャリア」PHPビジネス新書

リクルートエージェントについて

リクルートエージェントはリクルートグループの転職エージェントサービスです。株式会社リクルートエージェントが運営を行っていましたが、2012年10月からは株式会社リクルートキャリアが運営しています。

沿革

  • 1977年4月・・・株式会社日本リクルートセンター人材斡旋準備室として発足。
  • 1977年11月・・・株式会社人材情報センター設立。
  • 1982年3月・・・大阪支社設立。
  • 1984年4月・・・株式会社リクルート人材センターに社名変更
  • 1987年6月・・・シーズ事業部(人材派遣事業)を株式会社シーズスタッフとして分社化。
  • 1987年7月・・・大阪支社が株式会社関西リクルート人材センターとして独立。
  • 1998年4月・・・株式会社リクルート人材センターと株式会社関西リクルート人材センターが合併、株式会社リクルートエイブリックに社名変更。
  • 1999年4月・・・セカンドキャリアプロモーション事業部設置。
  • 2001年4月・・・株式会社リクルート・エックス設立。
  • 2003年5月・・・ビジネススクール事業として「i-Company」開校。
  • 2004年10月・・・セカンドキャリアプロモーション事業部を株式会社リクルートキャリアコンサルティングとして分社化。
  • 2005年11月・・・神戸支店開設。
  • 2006年1月・・・京都支社開設。
  • 2006年4月・・・株式会社リクルートエージェントに社名変更。
  • 2006年5月・・・神戸、千葉、静岡に支社を開設。
  • 2007年4月・・・海外留学生の就職支援事業を開始。
  • 2007年5月・・・宇都宮市、新潟、岡山支社を開設。
  • 2007年10月・・・フィリピンと日本との二国間でエンジニアの日本就業支援事業を開始。
  • 2007年12月・・・シーディエスアイ株式会社を子会社化。
  • 2008年10月・・・人事のこれからが分かる雑誌「HRmics」を創刊。
  • 2012年10月・・・株式会社リクルートHRカンパニーと統合、株式会社リクルートキャリアに社名変更。
サイトタイトル